名前 あさのめよしひで (Yoshihide Asanome)


身長・体重 170cm/59kg


血液型・星座・干支 A型/ふたご座/戌年


好きな花 菜の花


好きな言葉 奇蹟


家族 智子(妻)/紘彰(長男)/恵(長女)


さいたま市の環境と公共交通システム研究会々員

上尾高等学校同窓会理事

公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本会員

公益財団法人 埼玉県生態系保護協会会員

「北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会=救う会埼玉」会員

公益社団法人埼玉中央青年会議所シニア会員

浦和ダイヤモンドロータリークラブ会員

 

【自己紹介】

埼玉県議会議員 浅野目義英です。
「みんなが笑っている時、涙を流している人がいたら、立ち上がるのが政治の王道」
これが私の政治信条の柱です。

  • 何でも食べる。けど仔犬の様に食べこぼす、食べ散らかす。
  • 酒は飲めない。けど宴会の主導権は誰にも渡さない。常に爆発している。なぜか顔も紅潮し一番飲んでいると思われている。
  • 相手が笑ってないと不安になる。何とかしなければと思い興奮してしまう。
  • 果敢な生き方の優先度高い。野性を信じ前後を考えない道を突進する。だから破滅的と言われる。そんな人にも惹かれる。
  • 猫や犬と話すのが得意。野良猫や野良犬をじっと見つめ「何とかするから」と言いながら連れて帰ってきたその数やものすごい。
  • 理屈や計算で絶対に動かない。何か違うもので動く。スゴイ回転で動き出す。
  • 高校教師から「お前は『約束する』と言ったことは必ずやり通す男」と言われた時、「絶対に達成させる。出来なければ生まれ変わってでも遂げてみせる」と言い放ち、息を呑ませたとの伝説を持つ。
  • 東京生。山形県米沢市育ち。4才で埼玉県へ。戸田第一小→原市小→尾山台小→桜木中→上尾高→法大社会学部卒。
  • 事情で高校生から一人暮らし。夜バイトの帰り、住んでいた団地の様々なカーテンの色が灯る中、自分の家だけ真っ暗だった時が政治志望の原点。
  • 大学弁論部所属。よく遊びに来た10年先輩の現・上田埼玉県知事とその時より交友深い。新自由クラブ全国青年協議会副代表。新党運動に燃え、健全な二党存立論の徹底推進論者として青春時代を過ごす。
  • 桶川北小教師。
  • 全国史上最年少25歳で隣接都市上尾で市議初当選。25~41歳迄の16年間四期連続当選。地縁血縁の全く無い地で議会改革・市政改革に邁進する。
  • 28歳で長男授かる。780g生れの瀕死の子を見、命のはかなさと重さを思い知る。人生観が一変。奇蹟という言葉を信じる。
  • 37歳で全国史上最年少議長。
  • 衆議院議員候補者として浮上。厚生官僚と公認を争う。浅野目と自民党公認を争い立候補を果たした、厚生省年金局企画課長補佐・茶谷滋被告(当時41)は、新進党候補に敗れ落選。その後有名な「厚生省汚職」の中心人物として収賄罪に問われた彼は、東京地裁から、懲役1年6ヶ月、執行猶予4年、追徴金1122万円の有罪判決が言い渡される。
  • 自民党公認決定に不快感を内外に表明。同党除名される。
  • 41歳、市長選に挑戦。次点敗退。食べるため大宮駅前の予備校講師に。また、鮪丼店でひたすらマグロを切る仕事も。
  • 44歳、日本を変える男。と確信し浦和へ。武正代議士政策秘書
  • 予備校講師、代議士秘書等、政治浪人を合わせて7年余。
  • 48歳、浦和区で埼玉県議会議員選挙に挑戦。再起を期し壮絶な決意で連日駅に立ち、人の輪の中に入る。トップ当選。
  • 52歳、2期当選。
  • 56歳、3期トップ当選。
  • 60歳、4期当選。