浦和鳶組合第112回太子講

浦和区の「プリムローズ有朋」にて

何と112回目の太子講。
鳶職の皆さんは聖徳太子を職能神として祀ります。よって、太子講。
纏半纏を着込んだ面々の姿。会場に古からの歴史の光芒が放たれました。
後継者不足などの困難な課題も話されましたが、伝統を守る決意が多くの鳶職人の方々から語られました。

Follow me!